MENU

単発の薬剤師をアルバイトで探したい

薬剤師単発の仕事の紹介のほとんどが派遣になっています。

 

1日だけの仕事、日払いが可能な単発薬剤師はアルバイトとして働くことは無理なのでしょうか?

 

薬剤師単発バイトなどと言われますが、基本、単発やスポットで急を要する単発薬剤師の仕事の場合、派遣紹介になることがほとんどです。

 

また、日払いなどでその日だけ働いてその日に給料の支払いで完了するアルバイトでも薬剤師の場合、薬剤師資格の確認や履歴書の確認、面接などするには手目がかかりすぎますよね!

 

薬剤師単発の募集する側からしても1日だけの採用や日払いに対応したスポットバイトのために面接や薬剤師資格の確認、履歴書の確認などをすることはほとんどないと言えます。

 

アルバイトで1日だけの単発薬剤師としての募集を探すことは難しいと言えます。

 

ただ、単発薬剤師でも毎月1回、2回決められて日数や日にちを働くような働き方ならアルバイトやパートという雇用は可能だと言えます。

 

月に1日、2日定期的に働く単発薬剤師なら派遣紹介でなくても募集を探すことが可能な場合もありますが、

 

薬剤師単発やスポットなどの特殊な働き方の多くは、派遣紹介が多く、雇用側も派遣会社に依頼することがほとんどだと言えます。


日曜日や祝日での単発薬剤師ならアルバイトやパート雇用も

日曜日や祝日などの単発薬剤師で、月に2日、3日程度働ける方なら単発でもアルバイトやパートとしての雇用をしている場合も多くあります。

 

要するに単発と言っても2,3カ月先までの休日、日曜日、祝日に働ける薬剤師さんを採用するという求人です。

 

薬剤師単発という言い働き方とはまた、違いますが、少ない日数での採用が可能なアルバイト、パートです。

 

薬剤師単発やスポットの仕事というと1日だけ働いてその日のうちの日給を頂く日払いバイトなどを思い浮かべる方が多いと思いますが、単発バイトなどでは、月に1回、2回の出勤で働ける薬剤師バイトなどを単発バイトと呼ぶこともあります。

 

日払いやその日、1日だけ働く単発の薬剤師の仕事の場合、上記でも書きましたが、資格の確認や面接、履歴書の提出など雇用側の手間がかかるので、ほとんどの雇用主が派遣会社を利用すると言えます。

 

派遣会社で薬剤師を依頼すると普通にアルバイトやパートを雇用するよりも金額的には高くなりますが、単発、スポットの場合はそれでも募集をかける費用と単発で雇用する仕事のスキルの適しているかの確認のための面接や履歴書の確認、薬剤師資格の確認などを行うことを考えれば安く雇用できるので、

 

薬剤師単発求人募集のほとんどが派遣会社からの紹介になると言えます。

 

ですので、単発薬剤師やスポット薬剤師など1日だけの仕事や日払いの単発薬剤師などは派遣会社からの紹介になると言えます。

 

条件によっては薬剤師バイトやパートなどでも募集はないとは言えませんが、募集を探すは難しいと言えます。

 


なぜ、薬剤師バイトにこだわるの?知ればわかる派遣の単発薬剤師の魅力

単発の薬剤師で働くことを検討されている方で、アルバイトにこだわる方が意外に多いのですよね!

 

ここでも単発薬剤師をアルバイトで探す方法を紹介していますが、実際、1日だけの仕事などの単発で働ける薬剤師をアルバイトとして働いてメリットはあるのでしょうか?

 

まず、アルバイトで単発バイトを探されてる方の多くが派遣での働き方に偏見を持っている、派遣として働くことに○○だと思っている方が多いですね!

 

確かに派遣という働き方を嫌われる方も多いと思いますが、薬剤師派遣は、一般職とは少し状況が違うと思います。

 

まず、薬剤師派遣で働く多くの方が、派遣を選んだ理由として挙げられる時給の高さ、報酬面での魅力です。

 

薬剤師単発を派遣で紹介される場合の時給は、時給4000円から時給5000円なども多く、これだけでも派遣で働く魅力があると思いませんか?

 

同じような仕事を薬剤師バイトで探した場合、時給3000円前後の募集になると思います、単発バイトの募集が見つかればですが・・・・

 

薬剤師の単発バイトという選択をしたい方も多いと思いますが、単発の薬剤師で働くならアルバイトにこだわる必要があるでしょうか?

 

1日だけの仕事で、雇用先に履歴書や面接などするのは面倒だと思いませんか?

 

同じ職場で継続的に単発バイトで働くなら別ですが、その日だけの仕事なら履歴書や面接は面倒ですね!

 

しかも上記のようにアルバイトで単発の仕事をするよりも派遣で単発の仕事を紹介していただく方が時給は高いことがほとんどです。

 

また、派遣なら派遣会社との雇用契約になるので1日だけの仕事でも派遣会社に履歴書や薬剤師資格などの提出で済みます。

 

ここまで読んでも薬剤師バイトでの単発の仕事にこだわる方は、アルバイトでお探しください。

 

時給面や紹介求人数など単発薬剤師は派遣紹介が有利だということを理解できた方は、薬剤師派遣会社などで詳細をお聞きください。