MENU

ドラッグストアに就職をする薬剤師のメリット

薬剤師,ドラッグストア,就職,求人

薬剤師がドラッグストアで働く場合には、大変なこともありますがメリットも多くあるものです。
まず、ドラッグストアは給料がとても高いことです。同い年の薬剤師であっても、調剤薬局で働いている人と比べると、約150万円ほど年収に差が出てきているのです。
しかし、その分勤務時間が長いので大変な面もあります。さらに土曜日や日曜日も仕事になってくるため、シフト制になっている職場がほとんどです。その分平日に休むことができるので、どこに行くにもすいているというメリットもあります。

 

また、調剤薬局で働くよりも、スキルアップをしやすい職場だといわれています。それは、調剤薬局などで働くよりも、OTC医薬品の知識はもちろん、商品の数もタスクの量も全体的に圧倒的に多くなるからです。
OTC医薬品に知識をつけることができるので、家族が風邪などのときにも、どんな風邪薬を飲めばいいのかなどアドバイスをすることもできるのです。

 

調剤薬局で働いている薬剤師には、OTC医薬品の知識があまりないのでできないことになります。たとえば、膝が痛くて痛み止めを飲んでいるけれども、この痛み止めと風邪薬の組み合わせはどうなんだろう、と思ったときに、すぐにアドバイスができるのです。

 

また、ドラッグストアで働く薬剤師は、基本的には、品出しであったり、レジうちなどはする必要がありません。いろいろとメリットがあるので、ドラッグストアで就職をしたいと思っている薬剤師は多くいるのです。

 

ドラッグストア薬剤師求人に強い薬剤師求人サイト


関連ページ

ドラッグストア薬剤師の仕事
ドラッグストア薬剤師の仕事内容、ドラッグストアで働く事をお考えの薬剤師さんの参考にある仕事内容を紹介しています。
ドラッグストア薬剤師への転職
ドラッグストア薬剤師への転職情報を紹介しています。薬剤師のスキル、接客などのスキルの必要な職場です。
ドラッグストア薬剤師の将来性
ドラッグストア薬剤師への転職をお考えの薬剤師さんが気になるドラッグストア薬剤師の将来性を紹介
ドラッグストア薬剤師の魅力
ドラッグストアは薬剤師の職場としての魅力に欠ける要素も多くあります。しかしドラッグストア薬剤師としての魅力もありますよね!ドラッグストア薬剤師の魅力を紹介