MENU

ドラッグストアで働く薬剤師の仕事とは

薬剤師,ドラッグストア,仕事

ドラッグストアにおいての薬剤師の役割は、処方箋の必要がない市販の医薬品を販売をはじめとし、調剤薬局が併設されているところであれば処方箋医薬品の販売もあわせた仕事となります。

 

ドラッグストアでは、第二類医薬品、第三類医薬品は薬剤師ではなくても、登録販売者がいれば販売できますが、第一類医薬品は、副作用などにより日常生活に支障をきたす健康被害がおこるおそれがある、特に注意が必要なものや新規の医薬品のことをいい、医薬品医療機器等法上、薬剤師が常にいる店舗でないと扱うことができない市販医薬品となるため、薬剤師が必要となります。

 

処方箋のない薬においては、薬剤師が消費者から求められた薬を、その症状や体質に合わせて適切に提案していくことが必要となります。常に店舗にある薬の種類と、その効能、副作用、使用方法、注意点などを把握し、状況に応じて消費者に寄り添い提案していくことが求められます。

 

またその他に、薬以外の店舗に陳列された商品の品出しや、販売、また店長を兼任している場合においては、店舗の販売売上の管理や商品の仕入、発注などの経営面や、店舗で採用するパートやバイトの雇用に至るまでの仕事をすることもあります。

 

現在のドラッグストアでは医薬品のほかに、包帯などの医療品、サプリメント、介護用品、日用品なども取り扱っているので、これらの商品の特徴なども把握し、要望があったときには消費者に提案していくことが必要となります。

 

ドラッグストア薬剤師求人に強い薬剤師求人サイト


関連ページ

ドラッグストア薬剤師への就職
ドラッグストア薬剤師就職情報、給料面でのメリットや仕事内容などを考えた就職先としてのドラッグストアの職場、求人情報
ドラッグストア薬剤師への転職
ドラッグストア薬剤師への転職情報を紹介しています。薬剤師のスキル、接客などのスキルの必要な職場です。
ドラッグストア薬剤師の将来性
ドラッグストア薬剤師への転職をお考えの薬剤師さんが気になるドラッグストア薬剤師の将来性を紹介
ドラッグストア薬剤師の魅力
ドラッグストアは薬剤師の職場としての魅力に欠ける要素も多くあります。しかしドラッグストア薬剤師としての魅力もありますよね!ドラッグストア薬剤師の魅力を紹介