MENU

ドラッグストア薬剤師求人|転職、就職情報

ドラッグストアは薬剤師の就職先、職場として最近急成長している分野です。大手ドラッグストアチェーンやショッピングセンター内のドラッグストアなどの増加、大手スーパーのドラッグストアへの進出などでドラッグストア薬剤師求人募集はここ数年増加している地域も多く条件的にも魅力の求人も見受けられます。

 

年収面で見ても調剤薬局薬剤師の昇給幅に比べて高い傾向に有ります、将来的に貰える年収が高くなる傾向に有るのではないでしょうか?
実際、ドラッグストア薬剤師の年収は、薬剤師の年収を上回っている地域も多くなっているそうです。調剤薬局や薬局系薬剤師で年収1000万円以上なる方はほとんど居ませんが、ドラッグストア薬剤師なら年収1000万円を超える方が増えているのが現実です。

 

 

給料面、年収面だけでは魅力がある仕事だとは言えませんが、将来的に高年収を希望するのならドラッグストア薬剤師の選択も有りだと思います。

 

薬局系薬剤師の仕事よりドラッグストア系薬剤師の仕事の方が雑用なども多く、就職先、転職先としては決して人気では有りませんが、求人数の増加と条件面、給料面では魅力がある職場だと思います。

 

ドラッグストア薬剤師への就職、転職に興味のある方は、下記にドラッグストア薬剤師求人紹介に強いサイトを紹介しています。
ドラッグストアで働く事、転職などをお考えならどうぞご利用下さい。

ドラッグストア薬剤師求人に強い薬剤師求人サービス

薬キャリ

 

ドラッグストアの薬剤師求人紹介数が多く、働き方も正社員、アルバイトやパート、派遣紹介も可能な薬剤師求人サイトが薬キャリです。薬剤師の就職、転職先でも報酬面では魅力の有る募集が多いドラッグストアの薬剤師求人をより有利に入手してみませんか?

 

非公開求人も多くあり好条件、高給料の転職先としてドラッグストアをお考えなら薬キャリでお探しください。
ドラッグストアの薬剤師求人募集は、薬剤師求人募集の中でも募集は比較的多く条件交渉なども出来るケースが多いのであなたの希望する条件に近い採用も可能かも知れません。
その為にも、コンサルトさんのサポートがしっかりしている薬キャリのご利用は有利になると思います。

 

 


 

マイナビ薬剤師

 

ドラッグストア薬剤師におすすめなのが、マイナビ薬剤師
急成長分野だけに求人数も豊富でどこの薬剤師求人サイトでも掲載数は多いのですが、条件面、コンサルトさんのサポートや紹介求人のリサーチ力などを考えるとマイナビ薬剤師は役立ちますよ!

 

紹介求人のリサーチは、職場の雰囲気や経営状態、仕事内容など求人票ではわからない情報も入手出来るのでドラッグストアなど店舗ごとに仕事内容が異なる場合は役に立ちますよ!

 

またマイナビグループ運営なので安心してご利用頂けます。

 

 

 


 

薬剤師転職ドットコム

 

病院、医療系よりもドラッグストア、薬局系への転職に強い薬剤師求人サイトの薬剤師転職ドットコム
薬剤師転職サイトの中では知名度、認知度は低く感じられなすが、利用者も満足度、紹介求人数は豊富で好条件求人、高待遇求人が豊富なサイトだと思います。

 

何より求人のほとんどが非公開情報なので、登録するまで観覧、応募も出来ない為、優良求人などが見つけやすいサイトだと思います。

 

認知度が高く登録者が多い薬剤師転職サイトよりも薬剤師転職ドットコムは、対応などでも満足頂けると思います。

 

 

 

ドラッグストア薬剤師の年収、給料

薬剤師の平均年収は533万円(平成25年賃金構造基本統計調査)と言う結果が発表されています。
おおよそ年収500万円ですが、職種(ドラックストア、調剤薬局、病院、企業)などによっても年収に差がありますよね!
また薬剤師の場合、以外と地域差での給料の差がある事も多く、都会、大都市だからと言って年収が高い訳ではない様です。

 

では、ドラッグストア薬剤師の年収は、薬剤師の平均年収よりも優遇されているのでしょうか?
ドラッグストア薬剤師の給料、年収は、薬剤師の職業としては高いと言われています。年収的には、年収400万円〜年収800万円超まで高年収の方も幅は広く、将来的に給料面を重視する薬剤師さんには魅力があるかも知れません。
薬剤師の人気職種の調剤薬局の場合は、年収700万円前後で頭打ちが来ると言われている事を思えば、ドラッグストア薬剤師の年収は、高いと言えるのではないでしょうか?

 

特に大手ドラッグストアチェーンで店長兼管理薬剤師などの場合、ドラッグストアではマックスの年収、給料の方も・・・
薬剤師業界は、初任給は他業種に比べて高く、平均年収も高いと言われていますが、年齢、経験による年収アップ率は低いと言われています。特に男性薬剤師さんにとっては、給料の頭打ちは、仕事としての魅力もなくなりますよね!そこで転職される男性薬剤師さんも多く、その転職先に選ばれるのがドラッグストアが増えています。
以前は、ドラッグストアの薬剤師は敬遠されることも多かったのですが、最近は給料面の魅力は十分あると言われています。

 

仕事内容や勤務体制なども違うので一概に給料が高い低いとは言えませんが、実際の給料、年収は調剤薬局よりも魅力的ではないでしょうか?


薬剤師の職場としてのドラッグストア

薬剤師の職場は大きく分けて、病院、企業、薬局、ドラッグストアに分ける事が出来ますね!薬剤師の就職先として人気は、企業、病院、薬局、ドラッグストアの順ですよね!
ドラッグストアは、薬剤師職場、仕事として不人気だと言えます。薬剤師さんの中にはドラッグストアだけでは働きたくないと言う方もいらっしゃえいますね!

 

しかし、ドラッグストアの薬剤師はそれ程悪い職場でしょうか?ドラッグストアの店舗の特徴としてOTC医薬品や化粧品、日用品なども多く扱うお店が多く、逆に調剤業務などがない店舗や調剤施設完備でも処方箋などの数が少ない店舗がほとんどです。

 

薬剤師としての知識やスキルの向上などがあまり期待出来ない事や薬、医薬品以外の仕事、雑用が多い事などからドラッグストアは敬遠されていると思います。

 

ドラッグストアの薬剤師求人は近年求人数は増加しています。調剤薬局の薬剤師求人は相変わらず多いのですが、ドラッグストアの薬剤師求人も増加傾向で、条件面、報酬面を見れば調剤薬局よりも優遇されることも多く、年収アップや給料アップでの転職で調剤薬局からドラッグストアへされる方も増えてきているそうです。

 

ドラッグストアは薬剤師の職場としては、雑用なども多く仕事内容も店舗で違いが多くどの様な立場で働くかで違いがありますが、病院や調剤薬局よりも働きやすい職場も多くあります。女性の多い職場特有の雰囲気もドラッグストアの職場は少ない様です。
人間関係の悩みなどの転職もドラッグストアを選ばれる方も居るそうです。

 

ドラッグストアの薬剤師の仕事は、薬剤師としてのスキルや経験を積むうえではそれ程魅力があるとは言えませんが、管理薬剤師や店舗責任者など管理職になる事で年収、報酬アップは高く、将来の報酬には魅力があるのではないでしょうか?

ドラッグストア薬剤師への転職記事一覧

ドラッグストアにおいての薬剤師の役割は、処方箋の必要がない市販の医薬品を販売をはじめとし、調剤薬局が併設されているところであれば処方箋医薬品の販売もあわせた仕事となります。ドラッグストアでは、第二類医薬品、第三類医薬品は薬剤師ではなくても、登録販売者がいれば販売できますが、第一類医薬品は、副作用などにより日常生活に支障をきたす健康被害がおこるおそれがある、特に注意が必要なものや新規の医薬品のことを...

薬剤師がドラッグストアで働く場合には、大変なこともありますがメリットも多くあるものです。まず、ドラッグストアは給料がとても高いことです。同い年の薬剤師であっても、調剤薬局で働いている人と比べると、約150万円ほど年収に差が出てきているのです。しかし、その分勤務時間が長いので大変な面もあります。さらに土曜日や日曜日も仕事になってくるため、シフト制になっている職場がほとんどです。その分平日に休むことが...

ドラッグストアに薬剤師として転職する場合には、接客の勉強も行いお客様により良いサービスを提供できるように努力してみるとよいでしょう。ドラッグストアでは、医薬品を販売するだけではなく、化粧品や健康食品など様々な商品を販売していくことになります。商品の販売という意味では接客のスキルも必要となるため、より良いサービスを提供することが出来るように努力を行う必要があるのです。薬剤師としてドラッグストアで働く...

薬剤師の活躍の場にドラッグストアでの勤務があります。病院勤務よりも1.5倍ほど良い年収が期待でき、頑張り次第で店長クラスまで昇給が可能で同時に年収も百万円単位で上がる可能性も秘めています。大手のドラッグストアで就職すれば福利厚生も手厚く、知名度も高い為、働く上でのモチベーションにも繋がります。また全国展開している店舗であれば転勤や異動願いを出せば要求が通る事もあります。病院や調剤薬局での薬剤師とし...

薬剤師の就職先にドラッグストアでの勤務があります。店舗によっては調剤を取り扱っていない所もあり、薬剤師としてのメインの仕事でもある薬の調合や薬の説明が業務内容にないという場合もあります。しかし、薬剤師が敢えて就職先にドラッグストアを選ぶ魅力と言えば「店長候補の道」とそれに見合った年収、他の病院勤務や調剤薬局では味わえない「売上」という経営の要素があります。病院や調剤薬局に勤めれば薬剤師としての調合...