MENU

薬剤師さんが調剤薬局に転職するメリット

薬剤師,調剤薬局,転職,求人

薬剤師さんが調剤薬局に転職をする理由は色々あるのですが、一つには業務の違いがあります。
病院などの勤務では、医療関係者スタッフとの連携をしっかりとしていなければなりません。
急患が入れば、個人の事情より患者優先で、勤務時間も長くなってしまうこともあります。
ところによっては夜勤もしなければならないところもあります。

 

ところが民間の企業である調剤薬局では勤務時間・勤務日数も決められていて、残業も殆どないところが多いです。
病院勤務と比較して、待遇面や給与も高くなります。
その為、家庭と両立したい人にはお勧めの勤務場所です。

 

仕事の内容は、病院の処方せんに従って薬を計りにかけ正確にしっかりと量る調剤業務、患者さんへの服薬指導、患者さんの薬の服用履歴など薬歴管理が主な業務です。

 

患者さんの話を聞き症状や体質を見極め根本の原因を知る必要があります。
日々医療も進歩していて、新薬も次々とでてきます。
そのため、患者さんとのコミュニケーション能力も大事で、患者さんとの信頼関係を大切にします。
その上で飲むタイミングや飲み方などをいかに分かりやすく説明するかという能力が求められます。
時には、医師への情報提供を行うこともあります。

 

薬剤師としてステップアップを望むなら、管理薬剤師になることもできます。
会社の規模にもよりますが、管理者として薬局を任される管理薬剤師として働く者もいるようです。
特に資格は必要もなく、通常の業務の他、管理業務が加わりますので、給与もアップする分やりがいも大きくなります。

 

調剤薬局薬剤師求人に強い薬剤師求人サイト


関連ページ

調剤薬局薬剤師の仕事
薬剤師の職場、就職先、在籍者数は一番多い調剤薬剤師の仕事を紹介しています。求人情報や働き方など参考になる情報を掲載しています。
調剤薬局薬剤師への就職
薬剤師の就職先として一番多い職場が調剤薬局、門前薬局などの薬局です。人気の職場、調剤薬局の薬剤師を紹介しています。