MENU

薬剤師が就職する調剤薬局での仕事内容

薬剤師,調剤薬局,就職

薬剤師の資格をお持ちの方が就職する場所と言えば、病院の中にある薬局の他に調剤薬局やドラッグストア、製薬会社等があります。この中で一番多い就職先が調剤薬局とドラッグストアになります。件数が多いことや薬剤師としての知識と技能を活かせる職場ということで選ばれているのです。
調剤薬局で働く薬剤師の仕事内容を確認してみましょう。患者さんが病院やクリニックを受診すると、診察した医師が処方箋を出します。医師が出した処方箋通りの薬を提供することが主な仕事です。薬をそのまま出すわけではなく、細かく砕いたり分量を計測する等細かい作業がいくつもあります。患者さんが高齢者の場合は複数の薬を一包化して渡すこともあるので、一人の患者さんに対して時間をかけながら対応します。薬を準備するだけでなく、正しい服用方法を説明することも大切な仕事です。アレルギーの有無を確認したり、別の薬を服用していないかといったことまで管理することになります。
調剤薬局で働く薬剤師の年収は地域によっても異なりますが、平均的には500万円前後となっています。ドラッグストアでもあまり変わらない平均年収になりますが、店長クラスになるとさらに高い収入を得ることも可能です。
薬剤師が働く職場は女性が多いため、子育て中の方はパートタイムで働くことも多いのです。働き方が選べてやりがいのある職業ですから、結婚しても子供を持っても続けられます。就職や転職を目指す方は薬剤師専用の求人サイトを利用すると便利です。

 

調剤薬局薬剤師求人に強い薬剤師求人サイト


関連ページ

調剤薬局薬剤師の仕事
薬剤師の職場、就職先、在籍者数は一番多い調剤薬剤師の仕事を紹介しています。求人情報や働き方など参考になる情報を掲載しています。
調剤薬局薬剤師への転職
調剤薬局から調剤薬局への転職や病院勤務、ドラッグストアからの転職など調剤薬局薬剤師への転職情報を紹介しています。