MENU

調剤薬局薬剤師の仕事

調剤薬局,薬剤師,仕事

調剤薬局の仕事に就いたとき、薬剤師として処方箋を元に薬を調合していくことになります。
患者さんは、診察を受けた後に医師から処方箋を渡されることになりますが、調剤薬局では処方箋を元に薬を調節していくことになるのです。
処方箋に書かれている薬剤の量を間違えることなく調合していく必要がありますし、時には処方箋の問題点について医師に問い合わせる必要も出てきます。
医師は、薬を処方するときに必ずしも正しい知識で出せるわけではありませんので、薬の専門家として体に起こる副作用を未然に防ぐことも薬剤師としての使命になるのです。
さらに、薬剤師として、患者さんの状態をこまかくチェックしていくことも重要な仕事になっています。
患者さんの様子や顔色を確認していくことで、薬を飲むことにより起こる副作用が出ていないか確認できるようになるのです。
万が一、いつもとは違った部分を見つけた時には、早めに主治医に伝えることにより、薬の処方を変えることが可能になってきます。
調剤薬局では、ただ処方箋通りに薬を調合するのではなく、体調をチェックしていくことも重要な仕事になっています。
薬剤師が薬局で働くときには、医薬品に対しての詳しい知識も必要になってきますが、それだけではなく薬を飲んでいる患者さんの状態がいつもと違っていないか細かくチェックしていく能力も必要になるのです。
働くときには、コミュニケーションを取りながら患者さんに接してみるとよいでしょう。

 

調剤薬局薬剤師求人に強い薬剤師求人サイト


関連ページ

調剤薬局薬剤師への就職
薬剤師の就職先として一番多い職場が調剤薬局、門前薬局などの薬局です。人気の職場、調剤薬局の薬剤師を紹介しています。
調剤薬局薬剤師への転職
調剤薬局から調剤薬局への転職や病院勤務、ドラッグストアからの転職など調剤薬局薬剤師への転職情報を紹介しています。