MENU

漢方薬局薬剤師の仕事

薬剤師,漢方薬局,仕事

医療においては大きくわけて西洋医学と漢方医学とがありますが、多くは西洋医学を中心として治療が行われています。しかし、西洋医学で治すことができない病気や、また、個々の身体に則した治療法として、現在においては漢方医学が注目を集めています。

 

漢方治療の場合は、西洋医学が部分的に治療を行うのに比べ、根本から見直す治療に特徴があり、例えば、アトピーなどの治療には非常に適した治療とも言われています。
漢方医学においては漢方薬を使用しますが、それを扱う薬局として漢方薬局があります。医師の中には漢方に関して知識の浅い人もおり、トラブルを防ぐためにも漢方薬局は大事な役割を果たしています。そして、そこには漢方に詳しい薬剤師が必ず存在しています。

 

ここでの薬剤師の仕事は、漢方相談と調剤の2つに分けられます。
漢方相談とは患者からの相談に応じながら診断することを指し、最初に問診票の作成を行います。次に患者から症状をききながら生活などに関しての状況を確認します。漢方薬局の問診は病院とは違った面があり、症状だけでなく精神的な面まで尋ねられることです。病気だけでなく、病気を中心としたカウンセリングに近く、それは漢方の医療方法によるところが大きいからといえます。

 

薬剤師が行う、次の調剤については生薬の調合が中心となります。漢方エキスも扱ってはいますが、基本的にはカウンセリングを基にした処方が行われ、生薬を選んで一から患者に合った漢方薬を作ります。また、即効性のある薬も作りますが、あくまでもカウンセリングによった患者の症状に合わせた内容となり、全体的な効果を判断しながら調合されます。
漢方薬剤師は生薬の効能や副作用をしっかりと把握できていないと行うことができない内容が多く、そこでは豊富な知識が必要となります。

 

漢方薬局薬剤師求人に強い薬剤師求人サイト


関連ページ

漢方薬局に薬剤師として就職する
薬剤師として漢方に興味があるのなら漢方薬局への就職も一つの選択だと思います。
薬剤師として漢方薬局への転職を探す
漢方に興味がるのなら漢方薬局への転職も一つの手段ですよね!漢方薬の勉強をするのなら漢方薬局への転職がいいですよね!