MENU

病院勤務の薬剤師として転職し、充実感を得る

薬剤師,病院,転職,求人

最近では、病院に勤務することを希望する薬剤師が増えています。これは、病院勤務の場合には、公休・有給・産休等が非常に取得しやすいということ、更には、残業や休日出勤等も少なく、安定した職場環境で薬剤師としての仕事が可能だからです。

 

ちなみに、ドラッグストアの場合には勤務がシフト制であるため、土曜日・日曜日・祝祭日に出勤しなければならないケースや早番・遅番などの勤務形態も多く、生活のリズムが乱れる場合があります。また、調剤薬局の運営は少人数であるため、人間関係が固定的で、その分人間関係に気を使う事が多く、人間関係が煩わしくなる場合があるのも事実です。なお、製薬会社で製薬開発や臨床実験などをしている薬剤師は、様々な研究や実験を重ねて、更にはデータ作成や資料作成をしなければならないので、時間に追われて仕事をするケースが多く、従って、残業が多いことが特徴です。

 

言い換えれば、病院勤務の薬剤師は収入面や待遇面も好条件であり、かつ公休や有給等が取りやすく、恵まれた転職先となるのです。もちろん、休暇を含めた待遇面や収入面が充実していれば、薬剤師としての調剤業務・服薬指導・残薬管理等の業務にも集中できるので、大きな充実感を得ることができます。つまり、病院に転職することで、自分の生活を大切にしつつ、仕事も充実するという好循環が生まれるのです。

 

即ち、国家資格者である薬剤師も人間であるため、しっかりした環境で働き、自分の生活も充実させるために転職することは極めて自然なことなのです。

 

病院薬剤師求人に強い薬剤師求人サイト


関連ページ

病院薬剤師の仕事
病院での薬剤師の仕事を紹介しています。処方以外にも薬に関する研究などに携わる仕事なども有ります。病院薬剤師の仕事とは
病院薬剤師への就職
薬剤師として病院への就職を希望される方へ病院薬剤師求人情報を紹介しています。
病院薬剤師の役割
病院薬剤師のチーム医療など様々役割があります。病院で働く薬剤師さんの役割、仕事内容を紹介
病院薬剤師への転職条件
病院薬剤師は医薬分業の影響で求人募集数が減少しました。病院薬剤師への転職条件も厳しくなっているそうです。
病院薬剤師の魅力
薬剤師の就職先として人気の病院薬剤師の魅力を紹介しています。病院で働く薬剤師の遣り甲斐や職場としても魅力