MENU

病院における薬剤師の仕事

薬剤師,病院,仕事

薬剤師は調剤や医薬品を取り扱える資格を持った人のことを指し、その資格を持つには厚生労働省による国家試験に受からなけらばなりません。現在、多くの医療機関や薬局などに勤務している人がおり、その職種も求人において高い人気を誇っています。

 

その中でも、病院に勤務している薬剤師にはその内容において様々なものがあります。医療施設には大規模なものから大学関連などいくつかの形態がありますが、中には薬剤部という専門の部署を設け組織化を図っている場合もあります。薬剤部は処方する薬はもちろんのこと、薬に関しての研究に携わることもあり、医療施設においては重要な役割を果たしています。

 

病院の薬剤師の仕事として、まず第一にあげることができるのは調剤です。そこでは通院患者や入院患者に対して処方する薬の調剤業務を行っており、医師からの処方箋を受けて業務が進められています。

 

また、新薬の知識や薬の効能、また、副作用に至るまで広い知識が要求される内容で重要な部署ということがいえます。
そして、実例など、他のデータを参考にする場合もあり、常に薬事に対する情報を入手できるようにしておく必要もあります。

 

次に上げることができるのが服薬指導に関することです。これは患者に処方された薬の飲み方を説明する内容となっており、コミュニケーションに対する能力も求められる仕事です。患者が十分に理解できる説明が求められ、そこには丁寧な、相手の立場に立った方法が要求されます。

 

他にも病院薬剤師は薬や消毒液の製剤を行ったり、管理を行ったりと様々な仕事があり、薬剤の発注作業を行う場合もあります。

 

病院薬剤師求人に強い薬剤師求人サイト


関連ページ

病院薬剤師への就職
薬剤師として病院への就職を希望される方へ病院薬剤師求人情報を紹介しています。
病院薬剤師への転職
病院薬剤師への転職をお考えの薬剤師さんに求人情報を紹介しています。病院で働く薬剤師さんとは、求人、転職条件は
病院薬剤師の役割
病院薬剤師のチーム医療など様々役割があります。病院で働く薬剤師さんの役割、仕事内容を紹介
病院薬剤師への転職条件
病院薬剤師は医薬分業の影響で求人募集数が減少しました。病院薬剤師への転職条件も厳しくなっているそうです。
病院薬剤師の魅力
薬剤師の就職先として人気の病院薬剤師の魅力を紹介しています。病院で働く薬剤師の遣り甲斐や職場としても魅力