MENU

病院薬剤師の魅力、遣り甲斐

国家資格でもある薬剤師は、薬学を学ぶことが出来る6年制の大学を卒業する事で国家試験の受験資格が与えられるといった特徴が在りますが、薬剤師の資格を得ることで医師の資格を持たなくても病院なども就職先の1つになると言う魅力が在ります。

 

病院での薬剤師の仕事内容と言うのは、入院患者などの処方を行ったり、医薬品の管理などになります。
従来は、院内に薬局が在り、外来患者さんの薬の処方などを行っていましたが、最近は処方を行うのは院外にあるドラッグストアや処方箋を受け付けている薬局などが主体となり、薬剤師を募集する所も少ないと言います。

 

しかしながら、入院ベッドが在る所などの場合は、入院をしている患者さんに対しての処方が必要であり、薬剤師の需要がゼロになったわけではありません。
また、病院と言うのは医師や看護師と言った資格を持つ人が主体となる職場ではあるのですが、薬剤師は医師からの処方箋に基づいて医薬品の調合を行ったり、医師の処方が正しいかと言ったジャッジを行う事、そして入院患者さんなどに医薬品を渡す場合の服薬指導などを行うなどの大切な業務が在るのです。

 

製薬メーカーなどに就職する人も多いのですが、仕事の遣り甲斐や職場の雰囲気などに魅力を感じる人も多いなどの理由からも、就職先として院内にある薬局を選ぶ人も多くいるのが特徴です。
また、入院していた人が退院する時の喜びと言うのは、医師や看護師同様に感じられると言う魅力が在ると言います。

 

病院薬剤師求人に強い薬剤師求人サイト

関連ページ

病院薬剤師の仕事
病院での薬剤師の仕事を紹介しています。処方以外にも薬に関する研究などに携わる仕事なども有ります。病院薬剤師の仕事とは
病院薬剤師への就職
薬剤師として病院への就職を希望される方へ病院薬剤師求人情報を紹介しています。
病院薬剤師への転職
病院薬剤師への転職をお考えの薬剤師さんに求人情報を紹介しています。病院で働く薬剤師さんとは、求人、転職条件は
病院薬剤師の役割
病院薬剤師のチーム医療など様々役割があります。病院で働く薬剤師さんの役割、仕事内容を紹介
病院薬剤師への転職条件
病院薬剤師は医薬分業の影響で求人募集数が減少しました。病院薬剤師への転職条件も厳しくなっているそうです。