MENU

病院薬剤師の役割、仕事内容

薬の専門職として、病院薬剤師は医薬品の調製、供給管理、品質管理をします。現在の医療現場はチーム医療体制がとられている病院が多くあります。
チーム医療は患者を中心におき、病院の医師、病院薬剤師、看護師、栄養士がチームを組み、それぞれの専門分野を生かし、役割を分担し、連携する質の高い医療体制です。病院の医師をはじめ各職種の負担が分散することで、軽減され、効率的な医療ができます。

 

病院薬剤師は患者に対応した薬の情報をアドバイスします。病院の医師が診断し、処方し、病院薬剤師は調剤と処方の提案や患者に服薬指導をします。重要な仕事の役割を持ちます。
医療現場である病院は医薬品と薬物療法の急激な進歩の中にあります。個々の患者に最適な薬物療法に関わることができる有能な薬剤師を必要としています。
通院患者、入院患者の疾病の治療に貢献し、やりがいと責任を感じることができます。薬の調剤や服薬指導により、患者の回復していく経過や完治して、退院するまで責任を持って確認できます。
病院の医師、病院薬剤師、看護師、栄養士が協力し、仕事に励むことが患者の完治につながります。お互いの役割の大切さを実感しあえ、喜びとやりがいを感じることができる職場です。大学病院では医薬品の効能や処方の方法等を医薬学術研究として、学会で発表しています。病院薬剤師の素晴らしい業績とスキルが認められます。患者の家族からも感謝されるとともに、薬学研究ができ、薬剤師が目指す職場です。

 

病院薬剤師求人に強い薬剤師求人サイト


関連ページ

病院薬剤師の仕事
病院での薬剤師の仕事を紹介しています。処方以外にも薬に関する研究などに携わる仕事なども有ります。病院薬剤師の仕事とは
病院薬剤師への就職
薬剤師として病院への就職を希望される方へ病院薬剤師求人情報を紹介しています。
病院薬剤師への転職
病院薬剤師への転職をお考えの薬剤師さんに求人情報を紹介しています。病院で働く薬剤師さんとは、求人、転職条件は
病院薬剤師への転職条件
病院薬剤師は医薬分業の影響で求人募集数が減少しました。病院薬剤師への転職条件も厳しくなっているそうです。
病院薬剤師の魅力
薬剤師の就職先として人気の病院薬剤師の魅力を紹介しています。病院で働く薬剤師の遣り甲斐や職場としても魅力