MENU

人間関係によって転職する機会の多い薬剤師とは

薬剤師,転職理由,人間関係

薬剤師とは、薬に関する知識を大学や専門学校などの養成学校で学び、試験に合格した者のみが資格を得ることができ、資格を生かして働くことができ、病院での求人数が多いことから求人数も安定していて、給与も安定した額もらうことができることから、人気のある職業の一つでしたが、実際には転職数が多くやめてしまうといった方も多い職業ともなっているようです。 

 

薬剤師として働き、転職を考えているかたの半数ほどの方が職場の人間関係に悩んでいることが原因でやめてしまうといった方も多いようで、女性が多く活躍している職場であるからこそ人間関係に悩んでしまい転職を行うかたがいたり、一度就職をしてしまえば移動などがほとんどなく、一日中同じ職場で患者さんのために薬の選別や説明を行ったりという作業が多いため、一度人間関係になやんでしまえば仕事自体がいやになってしまう方も多く、辞めて違う職場に勤めた方がいいという考えを持ってしまうかたも多いことから、転職数の多い職業となってしまったようです。

 

また、薬剤師という職業は、資格をいかして働くことができる職業であることから、病院がある場所や薬を販売している店舗などがあれば資格をいかしながら働くことができるので、一つの場所にこだわって働く必要もない職業でもあるので、仕事先を変えることで自身のスキルをより高く身に付けることに挑戦するかたや、薬を必要としている方がいる場所で薬剤師として活躍したいために、仕事を辞めて違う職場に就職を行う者が多いようです。

 

転職に役立つ人気薬剤師求人サイト